自動車盗の現状

自動車盗の現状
(社団法人 日本損害保険協会調べ)

 

自動車盗難認知件数の年別推移

 自動車盗難認知件数推移表

ピーク時に比べると、減少しているものの、特定地域において依然として自動車盗難が多発している。

 

都道府県別自動車盗難認知件数

2016年都道府県別自動車盗難件数トップ10
順位 都道府県 盗難件数
1 茨 城 1,590
2 大 阪
1,577
3 千 葉
1,538
4 愛 知
1,349
5 埼 玉
914
6 神奈川
639
7 栃 木
415
8 三 重
370
9 兵 庫
309
10 東 京
637
ワースト10合計 9,052
全 国 11,655

当店の拠点である埼玉県は毎年トップ10内にランクインしており、特に盗難対策が必要な地域となっています。

2016年車種別の盗難台数及び盗難率
車種(通称名) 盗難台数(台)/盗難率(千台比)
トヨタ ハイエース(レジアスを含む) 1,391 / 1.7
トヨタ プリウス 1,058 / 0.6
トヨタ ランドクルーザー 510 / 2.3
トヨタ エルフ 377 / 0.5
トヨタ アクア
371 / 0.4


平成25年中における自動車盗難データを関連資料から抽出し、盗難台数が500台を超えた車種(通称名)について、次のとおり盗難台数及び盗難率を算出しました。
自動車盗難は年々減少傾向にありましたが、平成25年は増加に転じました。増加の背景としては特定車種を狙った犯行が多発していることなどが挙げられます。